あしたは1年2カ月ぶりのライブだぞ!

IMG 3773

写真はアー写撮ろうぜってなっていろいろ撮ったんだけど、にしけんの顔が切れてるからボツになったやつ! トリミングもせずにそのまま上げちゃうぞ!

 

かめです。

さて、いよいよこぎ着けたね〜。
ことしの1月、前ボーカル明けまして脱退から約1年…長かったような短かったような。

まあ、本音を言えば長かったな。
ただ、幸いやるべきことがマニ京以外にもたくさんあったので、何とか乗り切ることができたんだと思う。

もちろん今でもマニ京はおいらにとってとても大切なもので、数多くある趣味のうちの1つ、なんてレベルのもではないくらい大きいのだけれど、だからこそ逆に熟成期間を持つのもいいんじゃないかと思えるようになった。うむ、そんくらいには成長したってことだな!

 

マニ京のやっている音楽は、20年前とそれほど変わっていないと思う。
演奏者がかわってうまくなって、表現したいことがちゃんと表現できるようになったという違いはあるし、おいらも自分の見せたい世界っていうのが昔よりも明確にわかってきたと思う。

ただ、その見せたい世界の見せ方っていうのかな〜、そこはかなり変わった。
前はもっと「音楽に真摯に向き合うのだ!」と思っていたのですよ、それが表現したいことを伝える一番の方法だと、そらもう、なりふり構わないほどの真摯さでね。
それが正しいバンドもあるだろう。
でも、マニ京では必ずしもそうじゃないって気づいたんだな。

いや、今も真摯に向き合ってるつもりなのよ。
ただ、音楽のために犠牲になるものが、そもそも表現したいことそのものだったとしたら、本末転倒じゃん?
そこが若いころはわかっていなかったんだな。
音楽のために音楽をやっているわけじゃないということ。 

 

今のマニ京が最高なのは、スタジオの雰囲気から何から、思い描いていた形にどんぴしゃだからなのだ! 

それはやっぱ新ボーカルのみさきちゃんのによるところが大きい。
あしたはいろんなハプニングが起こるだろう、決して予定調和になることはない。
皆さんも心して&お楽しみに!

そして、今回鍵盤サポで入ってくれる、カゲルの市宵さん、もう19年のつき合いである。
カゲルとマニ京って陰と陽で一見全然違うんだけど、どこかつながっている不思議な関係。
マニ京でもすばらしいアレンジを披露してくれるよ、子鹿にはもうならないって!

にしけんと和也Rainbowは、ふわふわした女性陣を確かな演奏力で支えてくれる。
ただふわふわ夢心地だけだったら、多分それはそれで不満だったので、マニ京のくせに生意気だってほどグルーヴィーな瞬間もまた、心地よいのである!

 

そんなマニ京が、あした第5期のスタートを迎えるんだってさ。
これまでのどの時代のマニ京よりも、今が最もマニ京らしいと、胸を張って言える。

もちろん、まだまだ課題はある。
でも、だからこそ、これからどんどんよくなっていくというおもしろさもあるはずだ。 

昔のマニ京を知っている人にはぜひ来てほしいな。
そして、本当に見せたかったものは何か、ぜひ体験してほしい。 

自分たちでも未知数なとこがあるからね、楽しみ半分ドキドキ半分。

あしたの今ごろはいいコーラが飲めてますように!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中