飛行船

564090427

飛行船超越空間
我足跡刻時刻紋
請通知到故郷遠
回想決不是虚言

あの日ぼくらは都会の隙間で
窮屈そうに浮かぶ飛行船を見たよ
限りない緑の限られた宇宙へ飛んで行くよ

同じ形のぼくらの影法師
巨大な力に今滅ぼされる
届かないぼくらの届かない指先
天を指した

かわりばんこに石ころ蹴って
帰って行った遠い坂道
記憶の片隅で数えてみたよ
道端に消えた石の数

飛べないぼくは見ている
天を貫く火の玉
ぼくは確かに見ている
砕けた石のかけらを

(作詩作曲:かめ 編曲:マニアック京都)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中